2010年3月13日土曜日

迷い猫

初めまして、週に1回しか入らない多田です。

今日は、なぜ私がシェ・ナカムラに来たのかをお話します。





ちょうどその頃、いろいろ迷っていました。いろんなことに・・・。
その時、元スタッフである〇〇さんからマスターやマネージャーの話を聞いて興味を持ち、なぜか「会ってみたい」と思い行くことにしました。

それがきっかけです!(笑)

中国料理に興味があるとか、お茶が好きとかではなく。
むしろ、中国料理は自分で作らないジャンルだったし、お茶の存在すら知らない私でした。

が・・・・・・・・・・・
しかし・・・・・・・・・・・・

最初はお手伝い気分だったのですが、今となってはつまみ食いはするし、お茶のことが気になって気になって・・・・と(・~・)

正直こんなはすでは無かったのにな。(笑)

シェ・ナカムラでは料理のことや、お茶のとことや、接客のことを勉強をする+自分の出来ていない所を発見するのです。(いっぱい出てきます!これに関して私にはゴールなどはありません!)

その度自分に腹が立つし、自分はなんで上手くやっていけないのだろう・・・と一人モヤモヤします。

欠点の無い人間なんてこの世には居ないのに、なぜ完璧を目指してしまうのでしょう。
憧れの人が居ればその人になりたい!と思うのでしょう。
全ての人に認めてもらいたいと思うのでしょう。

前は、それに囚われすぎて自分のことが嫌いになったりしてました。

でもシェ・ナカムラで仕事をしたり話をすることで少しだけ分かってきた気がします。
少しだけなんですがね。
まだ私は迷っているます!しかし、それが普通なのかもしれない。
胸を張って「私はこうだ!」といえる22歳は少ないのではないのか・・・と思うのです。
だから私はこれからも迷いながらモヤモヤしながらも、生きていきます!

あれれ?なんか話が変わってきましたね!文章ぐちゃぐちゃです!”

私が言いたいのは、出会いってとても不思議だということ。
シェ・ナカムラの料理は美味しすぎるということです!

さて今度このブログを書く時私はどう変わっているのでしょう・・・むふふ。
乞うご期待!!